【松江城山公園】松江城内で桜や歴史が楽しめる人気のスポット




松江城山公園とは?

2015年7月に国宝に指定された島根の観光スポット 「 松江城 」 。

水郷として有名な松江市にあるお城で、城内は春になると桜が咲き誇る人気のお花見スポットでもあります。

多くの方を魅了している 「 松江城山公園 」の桜を見てきました。

松江城と桜が満喫できる観光名所

「 島根県庁 」 からほど近くの場所に位置しています。
駐車場は松江城入口の前にある 「 松江城大手前駐車場 」 がアクセスが良いのでおすすめです。

松江城には、こちらから入って行きます。

入ってすぐの場所に、さっそく桜が咲いています。
桜と松の木、石垣の組み合わせは風情を感じられる雰囲気が漂っています。

島根県内でも人気があるお花見スポットの松江城山公園は、「 さくら名所100選 」 にも選ばれるスポットです。

先に進むと 「 ちどり茶屋 」 さんがあります。

・割子蕎麦セット ¥1,100
・お抹茶と和菓子のセット ¥680
・出雲ぜんざい ¥550

などがあり、休憩するにはぴったりのお茶屋さんです。

ちどり茶屋さんのお隣には、観光案内所もあります。
パンフレットなどが多数そろえ揃えれているので、観光で役立つ情報を入手できる場所です。

階段を上がって「 二の丸 」 に到着すると、たくさんの桜が咲き誇っていました。

200本ほどの「 ソメイヨシノ 」 や 「 ヤエザクラ 」 、「 シダレザクラ」が松江城山公園を彩っています。

二の丸には、2001年に3つの櫓が復元されました。

そのひとつが 「 太鼓櫓 」 です。
城内に時間や号令を伝えるための太鼓が置かれていた櫓と考えられています。

ふたつ目が、二の丸の東側にある平屋建ての 「 中櫓 」 です。
幕末の頃に 「 御具足蔵 ( おんぐそくぐら ) 」 と呼ばれていて、武具などを保管する場所ではないかと言われています。

こちらの2階建ての櫓が 「 南櫓 」 です。
用途は詳しくはわかっていないようですが、城下町の南東の方向を監視するための櫓だと考えられています。

松江城山公園の見どころの 「 興雲閣 」 は、1903年に工芸品を並べるための陳列所として作られた建物です。

入口すぐの場所には、レトロな雰囲気のカフェがあります。

2階の大広間も、レトロな歴史を感じられる内装になっています。

大広間の窓から松江城を眺める事ができます。
ちなみに興雲閣は、無料で入館可能です。

千鳥城とも呼ばれている松江城

本丸には、一の門をくぐって行きます。

400年ほど前に築城された松江城の天守閣は、現存している12天守のひとつに数えられ2015年には国宝に指定されました。
松江城の天守の美しさを決定づけている 「 入母屋破風 ( いりもやはふ ) 」 の三角の部分は、千鳥が羽を広げているように見えるので 「 千鳥城 」 とも呼ばれています。

天守に入って歴史を感じたり、望楼と呼ばれる場所から松江の城下町を一望する事もできます。

・大人 ¥680
・小人 ¥290

で、登閣できます。

天守がある本丸にも、たくさんの桜が咲いていて多くの方を楽しませてくれています。

松江城山公園は松江城を眺めながらピクニックも楽しめるので、子供連れの方にもおすすめのスポットです。
また桜が見ごろを迎えると、夜にはライトアップも行われます。

松江城を囲む川の周りを歩いていると、甲冑を着た武者姿の方が歩いていました。

松江城山公園のアクセスや駐車場など

施設名 松江城山公園

住所 島根県松江市殿町1-5

TEL 0852-21-4030

営業時間 公園内終日開放
  本丸 7:00~19:30(4月~9月)
  8:30~17:00(10月~3月)
  登閣 8:30~18:30(4月~9月、受付は18時まで)
     8:30~17:00(10月~3月、受付は16:30まで)

定休日 無休

駐車場 なし(松江城大手前駐車場などの公共駐車場を利用)

松江城の入口の前ある周辺の駐車場で最もアクセスの良い、「 松江城大手前駐車場 」 があります。
こちらは67台分の駐車スペースがありますが、松江城までの距離が一番近いので満車になりやすい駐車場です。

この他に、「 城山西駐車場 」 や 「 島根県民会館有料駐車場 」 などが周辺にあります。

まとめ

「 水の都 」 の松江市にあるお花見やピクニックが楽しめる 「 松江城山公園 」 。

厳格で重厚な面持ちの松江城の天守や約200本の桜が楽しめる公園で、観光客の方から地元の方まで満喫できるスポットです。

島根県で評判のお花見スポット、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。