【日本ぜんざい学会 壱号店】出雲ぜんざいのアンテナショップ




日本ぜんざい学会 壱号店とは?

2007年10月にオープンした 「 日本ぜんざい学会 壱号店 」 さん。

出雲大社神門通りにお店を構え、開店してすぐにたくさんのお客さんが押し寄せる人気を博しているぜんざい専門店です。

今回は、たくさんの方から愛されているぜんざいのお店に行ってきました。

どんなお店?

出雲大社の二の鳥居からほど近い場所にあります。
駐車場は神門通り交通広場が一番近く、アクセスしやすいかと思います。

お店は古民家を改装しており、落ち着いて一息つける空間になっています。
店内では、ぜんざいをテーマにしたオリジナル曲が流れていました。

なにげなく食べているぜんざいですが、実は出雲地方はぜんざい発祥の地との事。
出雲では旧暦の10月になると全国の神様たちが集まり、「神在祭(かみありさい)」が行われます。
そのお祭りで振る舞われたものが「神在餅(じんざいもち)」といわれるもの。
その「じんざいもち」が出雲弁で訛り、「ずんざいもち」そして「ぜんざいもち」に変わり、京都に伝わったそうです。

ぜんざい学会さんでは、出雲が発祥のぜんざいをPRするため各地のイベントに参加してぜんざいを振る舞っています。
そのアンテナショップが、こちらのお店です。


▽神門通りでぜんざいを食べるならこちらもおすすめです。

【出雲ぜんざい餅】神門通りの和菓子屋さんが展開するぜんざいのお店

6月 8, 2019

【くつろぎ和かふぇ 甘右衛門】出雲大社近くでぜんざいやかき氷が評判のカフェ

1月 15, 2020

専門店のぜんざい

縁結ぜんざい 700縁

値段の表記は、縁結びにちなんで円ではなく縁に。

「ヤキモチ焼くほど仲が良い」にかけて、縁結ぜんざいには焼いた餅が入っていて焼き上がりに時間がかかるため、10分ほど待ちます。

奥出雲の仁多米を使用したお餅は、パリッと香ばしい焼き目と煮汁に浸かっている部分は柔らかくなっていて食感の違いを楽しめます。

透明感のある煮汁は、強めの甘さを感じますが上品で嫌な甘さではありません。
大納言小豆を使っていてホクホクの食感と風味が良く、焼いた餅に合います。
きゅうりの漬物が付いてきますが、箸休めにぴったりでした。

お店の情報

店名 日本ぜんざい学会 壱号店

住所 島根県出雲市大社町杵築南775-11

TEL 0853-53-6031

営業時間 10:00~17:00

定休日 不定休

タバコ 完全禁煙

駐車場 あり(神門通り交通広場)

まとめ

ぜんざい発祥の地、出雲でお店を構えるぜんざい専門店。

出雲大社参拝の際に、一息つける落ち着いた雰囲気のお店で、ぜんざいの甘さに癒されてみてはいかがでしょうか?